デリデリキッチン レシピで簡単料理

超人気”豆乳おからクッキー”

超人気”豆乳おからクッキー”

a_blt008.gif豆乳クッキー厳選比較表はこちら♪

デリデリキッチン 2006年9月27日のレシピ「豚しゃぶ丼&旨味まるごとスープ」

 

デリデリキッチン 2006年9月27日のレシピ
「豚しゃぶ丼&旨味まるごとスープ」

デリデリキッチン、今週のテーマは「もりもり丼メニュー」


今日のデリデリキッチンは、
「豚しゃぶ丼&旨味まるごとスープ」でした。

量があってもしゃぶしゃぶなので油が落ちているからたくさん
食べられますね♪

講師は、「jeeten」オーナーシェフ吉田勝彦さんです。
今日のレシピおさらいです。(4人分)


まず、豚しゃぶ丼。
玉ねぎ1/2個分を薄切りにし、水にさらす。

ぼうるにしょうゆ大さじ6、酢・ゴマ油各大さじ3、
練り白ゴマ・砂糖各大さじ2、豆板醤小さじ2、
すりおろしにんにく小さじ1を入れて、よく混ぜ混ぜ。

鍋に多めに水を入れ、その中にざるを入れ、ざるの中に
薄切り豚バラ肉500gを3cmぐらいに切って入れ、
豚肉を一枚ずつはがしながら約5分茹でる。
ペーパータオルに取り出し、水気を切る。
★ココでポイント!
豚肉は水から茹でるとはがれやすくなる。
冷蔵庫から出したお肉はお湯に入れるとくっついてしまうが、
水から茹でるとよくバラける。
しかも小さく縮まない。また、豚のだしもでやすい。

アクを取った豚を茹でた鍋に、へたを取ったシシトウ12本分を
入れて、さっと茹でて取り出す。
★ココでポイント!
茹で終えたお湯はスープに使うのでとっておく。

混ぜておいた材料に豚肉、シシトウ、水にさらしておいた
玉ねぎの水気を切って加えて混ぜる。

丼にご飯を盛り、上の具をのせたら豚しゃぶ丼の完成!


次に旨味スープを作る。
先に使ったゆで汁3カップに、皮をむいてみじん切りにした
かぼちゃ、みじん切りセロリ各50g、湯むきして5mm角に切った
トマトを加えて一煮立ちさせる。

さらに酒小さじ2、塩小さじ1/2、黒コショウ適量を加えて、
味を調節。

沸騰したところに溶き卵1個分を入れて、ひと煮立ちさせ、
器に盛って、旨味まるごとスープの出来上がり♪


今日のデリデリキッチンレシピ、ボリュームたっぷりの丼と
セロリとトマトの酸味と豚の旨味をも生かした一石二鳥の
レシピです。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

 

デリデリキッチン 2006年9月26日のレシピ「手作りマヨでカツオのたたきDON」

 

デリデリキッチン 2006年9月26日のレシピ
「手作りマヨでカツオのたたきDON」

デリデリキッチン、今週のテーマは「もりもり丼メニュー」


今日のデリデリキッチンは、
「手作りマヨでカツオのたたきDON」でした。

カツオ&手作りマヨ&バターライスの組合せは絶妙にマッチ!

講師は、「イレール」オーナーシェフ島田哲也さんです。
今日のレシピおさらいです。(4人分)


カツオ1さく400gに塩をしっかり振って下味をつける。

フライパンにサラダ油を入れて熱し、
下味をつけたカツオを約3分かけてすべての面を焼く。
そしたらペーパータオルに取り出してアルミ箔をかけておく。
★ココでポイント!
カツオを焼くときは面積の広いところから焼く。
焼いている時に白い煙が出る場合は、ちょっと温度が高い。
アルミ箔はさめないようにかける。

次に手作りマヨをつくる。
卵黄1個分、酢小さじ2をボウルに入れて、混ぜ混ぜし、
分離しないようにサラダ油100〜150ccをお好みで少しずつ
加えて混ぜ合わせ、塩・白コショウ適量ふる。
★ココでポイント!
分離しないようにサラダ油をちょっとずつ入れ、
細い糸のようにつながるまで混ぜ、また加えどんどん混ぜる。

表面を焼いたカツオを厚さ1cm程度に切って、片面に塩を適量。

次にバターライスうぃつくる。
ボウルに温かいご飯どんぶり4杯分、、無塩バター30g、
しょうゆ小さじ2、、塩・パセリみじん切り適量を入れて、
混ぜ合わせる。
★ココでポイント!
パセリはたっぷり。
バターは常温に戻し、小さく切っておくとよい。
少し溶けていた方が、溶けやすい。

どんぶりにバターライスを盛りつけ、
筋を取った薄切りセロリ1本分、カイワレ1パック、
パプリカ赤(千切り・水にさらし水気を切ったもの)1/3個分、
をのせて、カツオを盛る。

手作りマヨをポリ袋へ入れて、角を小さく切って、
カツオの上から搾り出す。

セルフィーユを適量トッピングして完成♪


今日のデリデリキッチンレシピ、手作りマヨが他にも応用が
効きそうですね。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月22日のレシピ「華麗にトリプルコロコロドーナッツ」

 

デリデリキッチン 2006年9月22日のレシピ
「華麗にトリプルコロコロドーナッツ」

デリデリキッチン、今日は「デリ×デリ★スウィートDAY」


今日のデリデリキッチンは、
「華麗にトリプルコロコロドーナッツ」でした。

講師は、「ル・パティシエ・タカギ」オーナーシェフ高木康政さんです。
今日のレシピおさらいです。(4人分)


ボウルにホットケーキミックス1袋200gを入れて、
真ん中を空けて、溶かしバター(無塩)10gを入れ、
上に溶き卵1個分50gを。
へらでざっくりと混ぜる。
よく練り合わせひとつにまとまりしっとりな感じに。

ドーナッツのタネをちぎって一口サイズの団子状に丸める。
(3等分して、それをさらに6,7個ぐらいにちぎって丸める)

160℃の揚げ油で2分揚げ、油を切って粗熱をとる。
★ココでポイント!
油の温度はあまり高くないほうがよい。
周りがこげてしますので。
ほんのり温かいほうがグラニュー糖などがつきやすい。
熱いと溶けてしまうので粗熱をとる。

下記3種類のシュガーテイストをまぶす。
@グラニュー糖
A黒砂糖(砕いておく)
Bグラニュー糖大さじ3+カレー粉小さじ1を混ぜたもの

お皿に盛りつけたら完成♪


今日のデリデリキッチンレシピ、1種類の味だけでなく、
カレー風味の一風変わったテイストもあり、
お子さんのおやつに喜ばれること間違いないですね!


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月21日のレシピ「炊き鶏ゴボウご飯&豆腐のおすまし」

 

デリデリキッチン 2006年9月21日のレシピ
「炊き鶏ゴボウご飯&豆腐のおすまし」

デリデリキッチン、今週のテーマは「格安!500円メニュー」


今日のデリデリキッチンは、
「炊き鶏ゴボウご飯&豆腐のおすまし」でした。

講師は、料理研究家の河村みち子さんです。
今日のレシピおさらいです。(4人分)


米2 1/2合を洗ってザルにあげ、約30分おく。

ゴボウ100gの皮をむいて縦に6等分の切れ目入れて薄切りにし、
水にさらしてから、水気を切る。

油揚げ1枚に熱湯をかけ油抜きをした後、水気を切り、
みじん切りにする。
★ココでポイント!
とっても小さく細かく切ると、ご飯とからみやすくなる。

鶏ひき肉150g、酒大さじ3、薄口しょうゆ大さじ2 1/2、
ショウガの絞り汁小さじ2、塩小さじ1/2、水1カップを
ボウルに入れ、よく混ぜ混ぜ。
★ココでポイント!
ショウガの絞り汁は臭みを消す効果がある。
水を入れることでキレイにほぐれる。

炊飯器にサルに上げてある米とボウルの材料を入れて、
軽く混ぜる。
その上に、ゴボウと、油揚げをのせて通常の水加減で炊く。
★ココでポイント!
炊き上がったあとよく蒸らすと良い。
よく蒸らした後鶏ひき肉をよ〜く混ぜ混ぜ。
炊飯器の炊飯モードに炊き込み用があるのなら、
それで炊くとよい。

茶碗に炊き上がったご飯を盛り、万能ねぎをトッピング。
これで、炊きゴボウご飯の出来上がり。


ここから豆腐のおすましのレシピです。

かつおと昆布のおだしでだし汁4カップを鍋に入れて沸かし、
薄口しょうゆ小さじ1、塩小さじ2/3、酒大さじ1を加える。

絹ごし豆腐を小さめのさいの目切りにしたものを加えて、
一煮立ちさせ、器に盛り、万能ねぎをちらす。
★ココでポイント!
豆腐は小さめにしておくと、早く火が通りやすい。
煮立たせすぎないように注意する。
薄口しょうゆがなく、普通のしょうゆにした場合は、塩を
一つまみ入れると良いそうです。

見た目ちょっと地味ですが、ほんと美味しそうですね。


今日のデリデリキッチンレシピ、ゴボウの歯ごたえが
心地よく感じられる味わいです。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月20日のレシピ「シャキ2のチャイナミニハンバーグ」

 

デリデリキッチン 2006年9月20日のレシピ
「シャキ2のチャイナミニハンバーグ」

デリデリキッチン、今週のテーマは「格安!500円メニュー」


一度聞いたら耳から離れません。“たらこ”の歌。
「たらこ〜たらこ〜たらこ〜」
キモ可愛いたらこキューピーの人気はいつまで続く?


さて、今日のデリデリキッチンは、
「シャキ2のチャイナミニハンバーグ」でした。

講師は、「JeeTen」オーナーシェフの吉田勝彦さんです。
今日のレシピおさらいです。(4人分)


豚ひき肉120g、ひげを取ってザク切りにしたモヤシ200g、
砂糖小さじ1、みじん切り長ネギ、すりおろしショウガ、
酒、しょうゆそれぞれ大さじ1、溶き卵1個分、黒胡椒適量、
片栗粉小さじ1を順番にボウルへ入れ、混ぜ混ぜ。
★ココでポイント!
豚ひき肉の代わりに豚のバラをきざんでもOK。
香味野菜を入れるとモヤシの臭みが和らぐ。

フライパンにサラダ油を適量入れて熱し、さっき混ぜたものを
小判状に形を整えながら並べ、フタをして約4分焼き、
その後ひっくり返しまたフタをして約2分焼く。
★ココでポイント!
フライパンを温めたら、一旦火を止めてハンバーグを並べてから
再び火をつけて焼くと、焼き色が同じようにつく。

鍋にお湯を沸かし、根元を切って半分に切ったエノキ1袋分と
2cm長に切ったニラ1束分を入れ、さっと1、2分茹でる。

ハンバーグが焼けたら取り出し、そのフライパンを使って、
水大さじ5、酒、オイスターソースそれぞれ大さじ3、
砂糖大さじ1/2を入れて、一煮立ちさせ、火を止めてから、
水溶き片栗粉適量を入れてとろみをつける。
★ココでポイント!
焼いた後取り出してそのフライパンを使うと、肉汁があって、
美味しくなる。

お皿にハンバーグを盛りつけ、茹でた野菜を添え、
とろみをつけたあんをかけたら出来上がり♪


今日のデリデリキッチンレシピ、モヤシがシャキシャキして
みずみずしくて美味しそう!


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月19日のレシピ「こんが〜り・サンマのグラタン」

 

デリデリキッチン 2006年9月19日のレシピ
「こんが〜り・サンマのグラタン」

デリデリキッチン、今週のテーマは「格安!500円メニュー」


やっぱり阿部さんに決まりそうですね。


さて、今日のデリデリキッチンは、
「こんが〜り・サンマのグラタン」でした。

講師は、「イレール」オーナーシェフの島田哲也さんです。
今日のレシピおさらいです。(4人分)

ジャガイモ2個分の皮を剥いて少し小さめの角切りにしておく。

それを耐熱容器に入れ、塩を適量ふり、ラップして
電子レンジ500Wで7〜8分加熱する。
★ココでポイント!
季節によって硬さなどが違うので、時間は調整する。
ラップして加熱することで、ホクホクに。
水分が残ったら味が薄くなってしまうので、ふき取っておく。

ジャガイモをマッシャーで歯ごたえがあるくらいに軽くつぶし、
トマト2個分の皮・種があるままザク切りしたものをジャガイモ
の上にのせてラップをし、さらにレンジ500Wで約1分加熱する。
★ココでポイント!
この加熱により甘くなる。

サンマの頭をとり、三枚におろし、骨を取り除き、
両面にしっかり塩・黒胡椒で下味をつけ、半分に切る。

フライパンにサラダ油を入れて熱し、サンマの皮目だけ
さっと焼き、取り出す。

みじん切りパセリ大さじ4、細かいパン粉40g、
サラダ油大さじ1〜2をボウルに入れ、混ぜ混ぜ。
★ここでポイント!
パン粉は乾燥のがいい。細かくできるから。

サンマの皮目に粒マスタード大さじ4〜6をそれぞれ塗り、
上にパン粉混ぜ混ぜを振りかける。

グラタン皿に焦げ付き防止と、香り付けのためににんにくを
すりつけ、さっき作っておいたジャガイモとトマトを4人分
当分して塩を少々、さっきのサンマをのせて、
オーブントースターで、4、5分焼いたら完成♪


今日のデリデリキッチンレシピ、中はしっかり外はこんがり!
安くて美味しいサンマのグラタンでした。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月18日のレシピ「高野豆腐のジューシー!ヘルシー煮」

 

デリデリキッチン 2006年9月18日のレシピ
「高野豆腐のジューシー!ヘルシー煮」

デリデリキッチン、今週のテーマは「格安!500円メニュー」


ちょっとサボってしましましたが、アップします!
高野豆腐はとってもヘルシー食材として人気がありますね。


さて、今日のデリデリキッチンは、
「高野豆腐のジューシー!ヘルシー煮」でした。

講師は、「菊乃井」主人の村田吉弘さんです。
今日のレシピおさらいです。(4人分)

ボウルに、鶏挽肉200g、みじん切り長ネギ1/2本分、
みじん切りしょうが小さじ1、みじん切りレンコン60g(1/2節)、
溶き卵1/4個分、塩適量、酒大さじ1 1/2、しょうゆ小さじ2を
順番に加えて、最後に片栗粉大さじ1を入れて混ぜ混ぜ。

1個15gぐらいの高野豆腐4個を、表示どおりに戻して、
水気をよく切る。
その高野豆腐を縦半分に切る。
また、その厚み中央に切れ目を入れる。
★ココでポイント!
厚み中央に包丁を入れるとき、切り離さないように、
切れ目を入れること。

計8個になった高野豆腐の切れ目を入れたところを開いて、
上で作っておいた具を1/8ずつ詰める。

鍋にだし汁3カップ、デリしょうゆ1/2カップ、砂糖小さじ2を
入れてひと煮立ちさせた後、高野豆腐を入れて、
落し蓋をし、15〜20分煮る。
★ココでポイント!
味をしみこませる。
デリしょうゆ:しょうゆ、みりん各1カップと昆布5cm角1枚を
密閉容器へ入れ1日置いたもの。

キヌサヤ12枚のすじをとって、鍋に加え、1〜2分煮て、
高野豆腐とキヌサヤを取り出す。

お皿に高野豆腐とキヌサヤを盛り、煮汁の残りに水溶き片栗粉
適量を加えとろみをつけたものをかける。

千切りの青ゆずの皮適量をのせたら出来上がり♪


今日のデリデリキッチンレシピ、とってもヘルシーで美味しそう!
材料も格安で揃うものばかりですので嬉しいですね。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月15日のレシピ「おツナなかんじでエスニックカレー」

 

デリデリキッチン 2006年9月15日のレシピ
「おツナなかんじでエスニックカレー」

デリデリキッチン、今週のテーマは「手軽で便利な缶詰メニュー」


24-TWENTY FOUR-のシーズン5を見始めました。
このシリーズ、見始めたら止まりません...
次々と見たくなって...


さて、今日のデリデリキッチンは、
「おツナなかんじでエスニックカレー」でした。

講師は、料理研究家の奥薗壽子さんです。
奥薗さんはとってもさばさばしていて、面白い方です。
昨日の真面目な河村さんとは対照的ですね。

今日のレシピおさらいです。(4人分)

フライパンを熱し、にごま油を入れ、
にんにく粗みじん切り小さじ2を入れて香りが出てくるまで
炒める。
香りが出てきたら、玉ねぎ薄切り大1個分を入れて、約2分
炒める。
★ココでポイント!
油はあえてごま油を使う。エスニックっぽいので。
にんにくも玉ねぎもそんなに細かく切らなくてもよい。
ささっと簡単に。

さらにカレー粉大さじ1〜2を加え、1,2分香りが立つまで
炒める。
トマトのざく切り大4個分を入れてふたをして、5〜10分
蒸し煮にする。

ナンプラー大さじ3を入れ、油を切ったツナ缶大1缶分、
青じそ10枚を手でちぎりながら加えて混ぜ混ぜ。
★ココでポイント!
ツナはココで入れるのがよい。
早く入れるとパサパサしてしまうし、味も抜けてしまう。

カレー皿へご飯を盛り、その上から出来上がったものを
かけ、青じそ10枚をちらし、くし形切りのレモンを
添えて、完成!
★ココでポイント!
ナンプラーの匂いが気になる人は、レモンをかけると
いいそうですヨ。


今日のデリデリキッチンレシピ、びっくりするほど簡単!
カレーは食欲のないときでも食欲をそそります。
レシピタイトルもシャレが効いてます♪(笑)


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月14日のレシピ「チリビーンズライス」

 

デリデリキッチン 2006年9月14日のレシピ
「チリビーンズライス」

デリデリキッチン、今週のテーマは「手軽で便利な缶詰メニュー」


飲酒運転での事故が相次いで社会問題になっている中、
自動車メーカーが、飲酒運転防止策に動き出しているみたいです。
運転者が息を吹き込み、一定濃度のアルコールを検知すると
エンジンを始動できないようにする仕組みのようです。
そんなのがなくても、絶対に飲酒運転はやめましょう!

さて、今日のデリデリキッチンは、
「チリビーンズライス」でした。

講師は、料理研究家ミッチーこと、河村みち子さんです。
今日のレシピおさらいです。(4人分)

フライパンにオリーブオイルを適量入れて熱し、
みじん切り玉ねぎ1/2個分を炒めて、合挽き肉300g、
みじん切りにんにく小さじ2を入れてさらに炒める。
★ココでポイント!
玉ねぎはたっぷりしっかりと。
合いびき肉の代わりに細切れを切ってもよい。
にんにくは、最初に入れてもいいが、焦げやすいので
玉ねぎを炒めたりしてからのほうがよい。

肉の色が変わったら、カレー粉小さじ1、
トマトペースト大さじ1を入れて、さらに炒める。
★ココでポイント!
カレー粉は肉のにおいを和らげ味を増すため、深みがでる。
トマトペーストを入れるとコクが出る。

そこへ白ワイン、水それぞれ1/2カップ、ホールトマト1缶400gを
つぶし、固形チキンスープ1個を砕き、ウスターソース大さじ1、
赤唐辛子1本、塩小さじ1、砂糖小さじ1、ひよこ豆1缶400g、
黒コショウ、お好みで一味唐辛子適量を入れ、
フタをして汁気がなくなるくらいまで20分ほど煮込む。
★ココでポイント!
ウスターソースは色々な香辛料が入ってるので肉のにおいを
消して、うまみが出る。
砂糖はうま味がしみこむ。
味見をしてお好みで調味料で調整してもよい。

お皿にご飯を盛り、上記でできたものをかけ、
レタス細切り、玉ねぎ細切り適量をトッピングして出来上がり♪


デリデリキッチンレシピ、タコライスのようなチリソースが
とっても食欲をそそりますね。
体に良い豆も缶詰を使って、簡単ですね!
色んな隠し味が効いた深みのある味が楽しめそうです。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月13日のレシピ「スパムとゴーヤのオイスター炒め」

 

デリデリキッチン 2006年9月13日のレシピ
「スパムとゴーヤのオイスター炒め」

デリデリキッチン、今週のテーマは「手軽で便利な缶詰メニュー」


時計と太陽で真南がわかる方法ってご存知ですか?
時計の短針を太陽の方角へ向けて、文字盤の12時の位置と
短針との間のちょうど中間の方角が真南だそうですよ。
...プチ知識でした。


さて、今日のデリデリキッチンは、
「スパムとゴーヤのオイスター炒め」でした。

講師は、「天外天」総料理長の中川優さんです。
今日のレシピ

ちょっと沖縄のゴーヤチャンプルーのような感じかなぁって
思いましたが、ホントは中華っぽいですね。

中華鍋にちょっと多目ぐらいのサラダ油を入れて熱し、
溶き卵2個分をさっと混ぜながらいり卵を作って取り出す。
★ココでポイント!
いり卵はふんわり半熟状に焼く。

中華鍋にサラダ油を追加して、スパムなどの
ポークランチョンミート缶200gを拍子木切りにして炒める。
★ここでポイント!
ランチョンミートを缶から出した時に油が気になったら、
キッチンペーパーなどで拭くといい。
また、油が出てくっつきやすいので、適度にほぐしながら
炒める。

さらに長ネギ1/2本1cm角に切ったもの、
ショウガ1かけ1cm角に切ったもの、
にんじん1/3本拍子木切りにしたもの、
セロリ1本拍子木切りにしたもの(筋を取り除く)
を入れて炒める。

サラダ油をまた加え、エリンギ3本拍子木切りにしたもの、
パプリカ赤をヘタと種を取り除き細切りにしたもの、
ゴーヤ1/4本の種を取り薄切り、塩をふり、手でもんだものを
加えてさらに炒める。
★ココでポイント!
ゴーヤに塩をふって手でもむと、苦味が減り、
香りが出て、炒めた時味がしみこむ。

さらにサラダ油を加え、
酒、しょうゆ各大さじ1、オイスターソース大さじ2〜3を
入れる。

そこへ先ほどのいり卵を戻し入れ、さっと炒め、
水溶き片栗粉大さじ2を入れてとろみをつける。
★ココでポイント!
水溶き片栗粉は、炒めた時のスパム、野菜などの汁などが
でているので、その味をひとつにまとめる役割もしています。
いり卵はあくまでもふんわり仕上げるのがポイント。

お皿に盛ったらさあ、出来上がり♪


デリデリキッチンレシピ、見た目も鮮やかでとっても食欲を
そそりますね。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月12日のレシピ「ひんやり・コーンクリームスープ」

 

デリデリキッチン 2006年9月12日のレシピ
「ひんやり・コーンクリームスープ」

デリデリキッチン、今週のテーマは「手軽で便利な缶詰メニュー」


発泡酒と新分野の疑似ビールをビールと思って飲んでる方って
多いと思います。
酒税率に対抗するために生まれた発泡酒ですが、イタチゴッコ。
それでも、疑似ビールの総量がビールを抜いたそうですよ。


さて、今日のデリデリキッチンは、
「ひんやり・コーンクリームスープ」でした。

講師は、「アルポルト」オーナーシェフの片岡護さんです。

缶詰のコーンでとっても美味しいスープができるなんて、
嬉しいですよね?
缶詰メニューは、いざって言う時に重宝しそうです!

レシピのおさらいです。

フライパンに無塩バター15gを入れて熱し、
玉ねぎ1/4個薄切り、長ネギ1/2本薄切りを入れて、
1分くらい炒めた後、
皮をむいて半月状にスライスしたジャガイモ1個を入れ、
塩コショウし、約2分炒める。
★ココでポイント!
ここで焦がさないように気をつける。

そこへホール状のコーン缶1缶を缶汁も一緒に入れ、
固形チキンスープ1/2個をお湯1 1/4カップに溶かしたスープ
も加え、一煮立ちさせ約10分煮る。

10分後、鍋ごと氷水につけ粗熱をとり、ミキサーにかける。
さらに、ざるなどでこしながらボウルに移し、
ボウルごと氷水にに入れて冷やす。
★ココでポイント!
このように手間隙かけることで美味しさもアップします!
滑らかな口当たりに♪

そこへ生クリーム、牛乳1/2カップずつをコーンの味を
見ながら加える。
塩コショウで味を調える。


ここからガーリックトーストを作ります。
1cm厚に切ったバゲット8枚をオーブントースターで
両面焼く。
★ココでポイント!
表面をカリっと焼くことで、ガーリックをぬりやすくなる!

片面ににんにくをぬり、塩、コショウ、オリーブオイル、
パルメザンチーズをかけ、
また、オーブントースターで焼く。

お皿に冷やしたスープ盛り、パセリをトッピング。
ガーリックトーストと一緒に♪ 完成!


デリデリキッチンレシピ、簡単メニューでもちょっと
手間隙かけるだけで、美味しさがグンとアップするみたい!
ぜひトライしてみたいな〜♪


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月11日のレシピ「彩り野菜とナイスコンビ!ーフ丼」

 

デリデリキッチン 2006年9月11日のレシピ
「彩り野菜とナイスコンビ!ーフ丼」

デリデリキッチン、今週のテーマは「手軽で便利な缶詰メニュー」


あれからもう5年も経つんですね...
世界は9.11を忘れないように歴史を後世に
伝えていかなければいけませんね。


さて、今日のデリデリキッチンは、
「彩り野菜とナイスコンビ!ーフ丼」でした。

講師は、「笹岡」主人の笹岡隆次さんです。

コンビーフでどんぶりとは、驚きです!
缶詰メニューは、いざって言う時に重宝しそうです!
それにしてもコンビーフの缶の開け方って
誰が考えたんでしょうね?
昔から変わらないですよね?

レシピのおさらいです。

鍋にお湯を沸かし、塩適量を加え、にんじん1/3本を
入れて約1分ゆでた後、取り出してお湯をきる。
同じ鍋でホウレンソウ1/3束を軸から入れてさっとゆでる。
ホウレンソウは氷水に入れてから水切りし、
5cmの長さに切る。
★ココでポイント!
ホウレンソウを水切りする時、搾りすぎて繊維が
切れないように気をつける。

フライパンにサラダ油を入れて熱し、薄切りした玉ねぎを
1個分入れて炒める。

そこへ、だし汁1カップ、しょうゆ小さじ2を入れて、
一煮立ちさせて、小さめの乱切りにしたにんじんと、
コンビーフ2缶を食べやすい大きさに切ったもの、
ホール状のマッシュルーム1缶12個入りを水気を切り、
縦半分に切ったものを加えて約2分煮る。
★ココでポイント!
コンビーフは煮ている間に細かくなってしまうので
あまり小さく切らないこと。


コンビーフは塩加減が時によって違うので、
味見をしながら、塩で味を調え、ゆでたホウレンソウを
入れる。
(切った後に水が出るので手早く少し切る。)
溶き卵5個分を回しかけ、ふたをしてさっと火を通す。
溶き卵は多めにしっかりかけると美味しい。

どんぶりにご飯を盛り上から出来上がった具をかけ、
三つ葉をトッピングして、黒コショウをたっぷり振る。
コンビーフ相手なのでコショウは黒コショウで
しっかりと香り付けし、完成!


デリデリキッチンレシピ、今日の丼はとっても簡単で
ささっと作れちゃいそうですね。
忙しいときとかコンビーフ缶詰でできちゃいます。
コンビーフってパンにつけるってイメージがありましたけど、
ご飯にも合うんですね!

この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月8日のレシピ「クリーミー・ココナツケーキ」

 
デリデリキッチン 2006年9月8日のレシピ「クリーミー・ココナツケーキ」
デリデリキッチン、今日は大好きなスイーツでしたよ。

ところで八つ橋キティって知ってます?
緑色で三角形のボディに手が2本、足が2本。
なんとも変なデザインのキティですが、
これは生菓子八つ橋をモデルとした京都のご当地キティで、
「八つ橋キティ」って言うそうです。
ご当地モノってなかなか面白いものありますよね。

↓詳しくはこちらを見てくださいね。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2419433/detail

 

さて、今日のデリデリキッチンは、
「クリーミー・ココナツケーキ」でした。

講師は、”ル・パティシエ・タカギ”オーナーシェフ の
高木康政さんです。


見た目どこかのお店で買ってきたケーキみたいです。
これをお客様へお出したら、ポイント高いかも♪


レシピのおさらいです。

皮をむいたバナナ1本分を輪切りにし、レモン絞り汁をかける。
板ゼラチン6gを水に入れ、ふやかす。

無糖のココナツミルク100gをを鍋に入れ、中火にかけ、
ゴムベラで混ぜ混ぜしながら、グラニュー糖50gを入れ、
沸騰してきたら火を止める。

この状態のときに先ほどの板ゼラチンを軽く絞って
鍋に入れ溶かす。
★ココでポイント!
板ゼラチンは80℃以上になると固まらないので、
ここで入れると溶けやすい。

ボウルへ移し、ココナツミルク100gを加え、混ぜ混ぜ。

生クリームを(別の)ボウルごと氷水で冷やしながら、
泡立て器で七分立てにする。

生クリームの中にさっきのゼラチンを溶かしたものを、
入れて、泡立て器で混ぜ混ぜ。
さらにゴムベラで仕上げ混ぜ混ぜ。

手のひらサイズの流し缶にラップを敷いた上に、
切っておいたバナナを敷き詰める。
そこへ仕上げ泡立て完了した液体を、流しいれる。
その上に市販のカステラを1cm厚に切ったものを
4,5枚のせ、ラップして冷蔵庫で約2時間冷やす。
★ココでポイント!
カステラは茶色のざらめの部分を切り取っておく。
また熱くないので、直ぐ冷蔵庫へ入れてもOK。

流し缶からラップを利用して取り出す。
食べやすい大きさに切り、
バナナが上にくるようにひっくり返して、お皿へ。

市販のチョコレートアイスクリームも適量のせ、
市販のチョコレートソースをかけて、
セルフィーユを添えて、完成!


デリデリキッチンレシピ、今日は見た目も美味しそうな
スイーツでしたね。
お子さんのおやつや、お客様へのおもてなしにも
使えそうなメニューです。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月7日のレシピ「即席ミートソースで洋風肉じゃが」

デリデリキッチン 2006年9月7日のレシピ「即席ミートソースで洋風肉じゃが」

デリデリキッチン、今日は困った時のお助けメニューとして
重宝するメニュー。

9月に入ってだんだん秋の気配が感じられるようになりました。
とは言っても昼間はまだまだ暑いです。


さて、今日のデリデリキッチンは、
「即席ミートソースで洋風肉じゃが」でした。

講師は、「胡豆昆」店主の加藤敏彦さんです。

今日のこのミートソースは冷凍保存も可能で、色んな料理に
使えて重宝しそうです!
こふきいもなら男爵いもがいいみたいです。

レシピのおさらいです。
鍋に多めの水と塩適量を加えジャガイモ600gを15〜20分ゆでる。

茹でている間、ミートソース作り。
フライパンにサラダ油をちょっと多めに入れて熱し、
にんにくみじん切り小さじ2、
玉ねぎみじん切り1個を入れて4〜5分よく炒める。
★ココでポイント!
よく炒めることで、コクと甘みが増す。
広げてしばらく待ってからかき混ぜる。

そこへ合挽き挽肉(牛7:豚3)200gを加えて1分程炒める。
ほぼ火が通ったら、赤ワイン大さじ3、トマトホール状1缶を
混ぜながら、ローリエを1枚割って入れると香りがでる。
軽く塩コショウをして時々混ぜながら、10分ほど煮る。
10分後、コーンスターチでとろみをつけ、無塩のバター20gを
加えて、ローリエをとり、塩こしょうで味を整える。
★プチ知識:コーンスターチは片栗粉よりやわらかい。

茹でたジャガイモは、お湯を捨てもう一度鍋に戻し、
塩コショウをして水分を飛ばすために火をかける。

お皿に茹でたジャガイモを盛り、ミートソースをかける。
ゆでたまごみじん切り、パセリをトッピングして完成!

ミートソースは冷ましてから冷凍しておくとよい。
焼きナス、パスタ、炒めごはんにもOK。


デリデリキッチンレシピ、即席にも関わらず
とても美味しそうなミートソース。
色々使えて料理のバリエーションが増えますヨ!


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月5日のレシピ「ナイスナス!ミートグラタン」

 
デリデリキッチン 2006年9月5日のレシピ「ナイスナス!ミートグラタン」


明日は、秋篠宮妃紀子様の出産の日ですね。
部分前置胎盤で入院していますが、胎児共に
安定しているようです。
帝王切開での出産は、皇室でははじめてとのこと。
男の子なら、秋篠宮様以来の皇位継承資格者の誕生です。
どちらにしても無事に生まれてきて欲しいですね。


さて、今日のデリデリキッチンは、
「ナイスナス!ミートグラタン」でした。

講師は、”アルポルト”オーナーシェフの片岡護さんです。


油とナスは相性がバッチリのグラタン!とっても美味しそう♪


レシピ(4人分)のおさらいです。

ナスをヘタを取り、縦半分に切り、切り口の方に油が
しみこみやすいように切れ目を入れて準備しておく。
★ココでポイント!
切り口の反対側の皮の部分を少し切り除いておくと、
据わりがよく安定する。
また、アクを取るために塩してから、10分くらい置いておくと
よい。ただし、最近のナスはそんなにアクがでないので、
省いても可とのこと。

オリーブオイル大さじ2をフライパンで熱し、
にんにくみじん切り大さじ1/2を入れて狐色になるまで
じっくり炒め、旨みをだす。

玉ねぎみじん切り1/3個、にんじんみじん切り大さじ3、
セロリみじん切り1/3本を入れて、塩を少々加えて5分程炒める。

そこへ、合挽き肉を入れて、塩、こしょうして、
ローリエ半分に折ったもの1枚、ローズマリー1枝も入れて、
鍋の周りが焦げてくるくらいまで炒める。

さらに、赤ワイン80cc、ホールトマト缶200g、
チキンブイヨン(お湯1カップにチキンスープ1/2個を溶かす)、
粉末ナツメグ少々を入れて、30分くらい煮込む。
これでミートソース完成!


次に、180℃に熱した油で最初に準備しておいたナスを
2分くらい揚げ、油を切って塩、こしょうする。

耐熱の器にバターを塗って、揚げたナスを並べ、
先に作ったミートソースをかけ、
薄切りモッツァレラチーズを1個かけ、
すりおろしたパルメザンチーズをふりかける。

220℃のオーブンに入れて8分くらい焼く。
予熱したオーブンの下段に入れると良い。

表面がいい色に焼けてきたら取り出し、
パセリのみじん切りをトッピングしたら完成♪

デリデリキッチンレシピ、今日は結構手間がかかってます!
でもその分も美味しくできたらみんな大喜びのメニューですね。


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

続きを読む

デリデリキッチン 2006年9月4日のレシピ「和風麻婆ナス豆腐」

 
デリデリキッチン 2006年9月4日のレシピ「和風麻婆ナス豆腐」


今日は、朝からホリエモンのことで持ちきりでしたね。
あれから時間経ったのでそんなに大騒ぎにならなかったようですが。
かつての側近との直接対決は見物ですよね。
結末はどうなるのでしょうね?


今日のデリデリキッチンは、
「和風麻婆ナス豆腐」でした。

講師は、、”笹岡”主人の笹岡隆次さんです。

材料として使われる味噌は、
遊離リノール酸の効果で、シミやそばかすを防いだり、
メラニンを抑えるなど美白効果が期待できるそうです。

また、同じく材料のしょうがですが、活性度の高い消化酵素が
含まれているので、一緒に食べた食品の消化を助ける働きが
あるそうですよ。


さてさて、レシピ(4人分)のおさらいです。

なんと、名前の通り、麻婆ナスと麻婆豆腐の合体料理ですよ。
しかも、中華のはずが和風です、わふう。

まず、だし汁1 3/4カップ、味噌大さじ3、しょうゆ大さじ3 1/3、
砂糖大さじ2を合わせておく。

フライパンにサラダ油をいれて熱し、豚挽き肉300gと
長ネギ1本みじん切りにしたものを、
適当にほぐしながら1分間程度炒める。
多少のかたまりが合ってもOK。

★ココでポイント!
ナス2個を2等分し、半分にし、厚み5mm程度に切る。(短冊切り)
ナスのおしりの部分も少し切ると形もキレイで油もしみこみやすい。

さらにこのナス加えて炒める。
油が回ってつやが出てきたら、最初に作った合わせ調味料を加える。

木綿豆腐を食べやすい大きさに切ったものを加えて4分ほど煮込み、
次にしょうがみじん切りしたもの小さじ1を入れてまぜる。
★ココでポイント!
香りが残こすために次の片栗粉を入れる直前にしょうがを加える。

片栗粉を水で溶いて入れとろみをつける。
★ココでポイント!
片栗粉を入れた後はしっかり火を入れるとしっかりとろみが付く。
そこへごま油を入れたら、お皿にもる。

白髪ねぎを適量トッピングして出来上がりです!


デリデリキッチンレシピ、今日も美味しそうですね♪


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

デリデリキッチン 2006年9月1日レシピ「香るアジわいバラ寿司」

 
デリデリキッチン 2006年9月1日のレシピ

今日から9月ですね!
また、今日は防災の日です。
日頃から地震や災害に備えて、非常食・非常グッズを
用意しておいたほうがいいと思います。
また、災害時の避難場所や、地域の周りの危険箇所などを
チェックしておくことも大事ですね。
あと、テレビやラジオで最新情報の入手を心がけ、
避難勧告が出たら速やかに、落ち着いて避難することを
忘れないでくださいね!

さて、今日のデリデリキッチンは、
「香るアジわいバラ寿司」でした。

講師は、料理研究家の奥薗壽子さんです。

今日の郁恵さんと井森さんのファッションチェック!
レモンと白のおそろいのブラウス?襟付きのカットソー?
でしたが、前にフリルっぽくラインが入っていて清潔感が
あって、なかなかいいんじゃないでしょうか?


で、レシピ(4人分)。

普通寿司は酢を使うんですが、このレシピでは、リンゴ酢を
使うのがポイント。

米2カップを洗って普通の水加減にし、昆布をはさみで、
細切りにして入れて炊く。
ココでポイント!
昆布は大きいままだと取り出さなくてはいけないけど、
細切りだとそのまま食べられるからお得です。

耐熱の容器にリンゴ酢大さじ4、砂糖大さじ2、塩小さじ1を
混ぜ混ぜして、ラップして、レンジ500Wで30秒加熱する。
取り出し混ぜて溶かす。

アジの干物を両面焼き、骨を取りながら手でほぐす。
ココでポイント!
皮も入れたままでよいです。

きゅうりは塩もみし、5分ぐらいおいたら、水気をとる。

炊けたご飯にさっきの容器のものをかけ、しゃもじで切るように
混ぜる。

次にアジを混ぜる。
で、煎り白ゴマ大さじ1をひねりながら香りを出すようにかけ、
しょうがをみじん切りにしたものを、青じそ、
さっきのきゅうり、みょうがを加えて混ぜ混ぜ。
ココでポイント!
温かいうちに混ぜた方が具が混ざりやすい!

さぁ、これで盛り付けて、トッピング用に残しておいた
白ゴマ、しょうが、青じそ、みょうがをかけて完成!

デリデリキッチンレシピは簡単メニューですから、
早速今晩いかがですか?


この詳しいデリデリキッチンレシピを見たい方は、
ESSEを見てくださいね。


こちらからESSE年間購読もできますよ♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。